保険を利用しよう|瑕疵の正体を暴け|良質な業者を選ぶ方法がある

瑕疵の正体を暴け|良質な業者を選ぶ方法がある

2人の女性

保険を利用しよう

相談

法人税を節税するためには法人税がどのように課税されるのかを把握しておく必要があります。法人税は法人が任意に定めた事業年度ごとに利益を計算しその利益に対して課税されます。また青色申告によって申告している法人であれば赤字が発生した事業年度から9年経過する事業年度まで赤字を繰り越すことができます。次に課税対象は会計上の利益に法人税法上の調整を行う上で所得を計算します。したがって法人税を節税するためには会計上の利益を減らすことが大切です。法人の利益を減らすためによく使われる節税策として保険に加入する方法があります。これは支払った保険料が必要経費となるためその保険料を支払った事業年度の利益を減らすことができるためです。

法人税の節税方法として逓増定期保険を利用することが多くあります。逓増定期保険の概要は、基本的に保障期間が経過するにつれて死亡保険が高くなっていく商品です。なぜ逓増定期保険が法人税の節税につながるのかというと、毎年の保険料が経費として処理することができるからです。ここで注意する点があります。逓増定期保険は死亡保険金を受領するもしくは一定期間内に解約することによって解約返戻金を受領するケースがあります。これらの死亡保険金若しくは解約返戻金を受領した際には法人にとって収入となり、その金額は課税対象となります。したがってこのタイミングで退職金などの受領をすることによって節税策が完成することになる点に注意が必要です。

Copyright© 2016 瑕疵の正体を暴け|良質な業者を選ぶ方法がある All Rights Reserved.