瑕疵の正体を暴け|良質な業者を選ぶ方法がある

OL

住宅購入者を守る法律

OL

住居に不具合が起きたなら

瑕疵とはキズや欠点のことで、本来あるべき機能や品質などが備わっていない状態を言います。耐震偽装問題という言葉に聞き覚えのある方は大勢いると思いますが、件のマンションは結局大規模な修繕や建替えを行わなければならなくなりました。本来ならば事業者がこれを負担しなければならないところですが、そのような物件が多数あったために倒産となりました。そして購入者は既にあるローンに加えて修繕や建替えの費用も支払うことになりました。これを受けて新築住宅に瑕疵が起きた場合には保険などでのカバーを義務付けた住宅瑕疵担保履行法が施行されました。事業者は保険に入ることで工事費の資金確保を行います。また、事業者の倒産が起きた場合には購入者が直接保険金を請求出来ます。

保険の内容など

住宅瑕疵保険に入ると建築中に保険会社の検査員が現場での検査を行います。検査は保険の対象となる基礎や土台などの構造耐力上主要な部分と屋根や外壁などの雨水の侵入を防ぐ部分になります。保険期間は引き渡しから10年間となっています。また、保険金の支払い上限は2千万円となっており、戸建てについてはオプションで3千万円〜5千万円から選ぶことが出来ます。また補償金の供託という制度もあり、こちらは補修費用は供託金からは支払われず事業者が負担します、供託金が支払われるのは事業者が倒産したり廃業した場合に限られます。新築住宅を購入される方においては期間が10年で補償の対象も限定されてはいますが、事業者が倒産しても補償されるという点では安心であると思います。

病気になった人でも安心

オペレーター

癌になってしまい治療を受けて克服しても、以前なら保険に入れませんでした。保険の重要性を知っているにもかかわらず不可能でした。しかし今では病気になった人でも入れる保険があります。簡単な条件を満たせば加入でき、しかも選べる時代となっています。

詳細を読む

自転車運転を守る保険

説明

自転車保険は保険料が安いですが、いざという時に役立つ保険です。自転車による事故は場合によっては大事故につながりますので、きちんとした補償があった方が安心できます。補償内容を良く比較して選ぶ必要があります。

詳細を読む

保険を利用しよう

相談

法人税は会計上の利益を基にして所得を算出するため法人税を節税するためには会計上の利益を減らすことが大切です。その方法として保険を利用する方法があります。節税のために逓増定期保険などのタイプに加入した際には解約返戻金もしくは死亡保険金を受領した際に退職金の受給などの処理を組み合わす必要があります。

詳細を読む

おすすめ関連リンク

Copyright© 2016 瑕疵の正体を暴け|良質な業者を選ぶ方法がある All Rights Reserved.